H30年度全国消費者フォーラムに参加

国民生活センター主催全国消費者フォーラムが開催されました。

 H31年2月26日 場所は東京 アルカデイア市ヶ谷。

H6年から始まったこのフォームも今年で24回目をむかえました。
本年度は2022年の民法改正に向けての課題、

 今、消費者に必要な力とは
    成人年齢引き下げを見据えて

とのテーマで5つの分科会30団体がいろいろのテーマでの
事例発表をおこないました。

昨年はこの場所において、我新潟支部は食品ロスにおける
テーマでの市民意識調査の結果及び提言の発表の場を
得ました。
今年は、全国での多方面の取り組み方を知りたいと
4名で参加しました。

第2分科会「学校における消費者教育の取り組み」の中で
新潟支部がいま取り組んでいる「エシカル消費」を既に学校教育で
取り組んでいるという事例発表を興味深く聞くことができました。
エシカルってなあにのところからまず「エシカル消費」という言葉を
知ってもらう(興味を持たせる)ことが第1のようです。

SDGs  エシカル 特殊詐欺(消費者被害)などみんな同じ土台で
同じ方向を向いているというまとめの言葉が残るフォーラム参加でした。


 





 

この記事へのコメント